つるバラの育て方で夏に気をつけるポイントをまとめています。

つるバラの育て方-夏-

つるバラを育てるときに夏に気をつけるべきことは『水の管理と切り戻し』です。

梅雨が終わり、夏場になると気温があがり、
一時的につるバラがグッタリとしてしまうことがあります。

このグッタリは、梅雨時と夏場になったときの土の中の水の量が違うのが原因です。
梅雨のときは、水がたっぷりありましたが、夏場になるとその量が減ります。

この環境の変化につるバラが一時的に戸惑っている状態といえます。
ここで、元気がないからとあわてて水をたくさんあげるということは避けてください。

数日の間で、新しい環境にも適応しますので、
普段と変わらない量の水をあげるようにしてください。
もちろん、土の表面が乾いて、
明らかに水が不足している状態になる前に、水はあげるようにしましょう。

あくまて適度な水やりを心がけましょう。
過保護は禁物ですよ。

続いて、切り戻しについてですが、
こちらは二番花(その年に2回目花を咲かせた)後に切り戻しを行うとよいでしょう。
できるだけ大きな葉っぱの下を切り落として、株全体の大きさを整えてあげるようにしてください。