バラは品種によって6月の飼育法は全く違いますが、
今回は国内で人気の高い「サムライ」の場合を紹介します。

鉢植えバラの育て方【6月】

鉢植えバラやバラ園で見るサムライは、
梅雨明けから夏にバラを咲かせる品種になります。

育て始める時期でもあり、最も栄養が必要な時期でもあるのが、
ちょうど6月前後にあたるのです。

6月に鉢植えバラを育てる時に留意したい点は2点です。

・屋内で育てているなら水をしっかりあげる(受け皿に捌ける程度)
・1本1ヵ月の緑の栄養アンプルを月初めに刺す(育てはじめなら当日)

バラは開花前の段階で急速に根が成長して、
その成長分も含めて栄養を十二分に蓄えて開花するので、
開花の条件を満たしてあげる為にも、
「育つ為の水」「育つ為の栄養」をしっかりあげましょう。

2年目の場合は6月を迎える前に植え替えを行い、
1号大きい植木鉢に新しい腐葉土メインの栄養価と通気性の良い、
土壌を用意してあげるのも大切です。