バラは強い花の品種なので、
滅多に病気になりません。

もしもなってしまっても、簡単に病気を改善できます。

鉢植えバラの育て方【病気になったら】

バラの病気で多いのはやはり「うどん粉病」です。
葉っぱに白い毛か粉のようなものが出来たら、
量が多ければカビかもしれませんが、
まず基本的に「うどん粉病」です。

大抵は1枚の葉っぱだけ発病し、
バラは強い花なので周囲にはなかなか感染しませんので、
発見できれば改善は簡単です。

改善方法は発病している葉っぱを軍手をつけて、
摘んでしまえば解決します。

その後が心配でしたら、
ノンアルコールの消毒用の除菌シートで、
周囲の葉の表面を軽く拭いてあげてください。

大抵の場合はそれで周囲への感染と発病を予防できますよ。