夏場の暑い時期は、人間にとってもバラにとっても最も厳しい時期に当たります。
鉢植えバラに上手に夏越しをさせるために覚えておいて欲しいことを書いています。

鉢植えバラの育て方-夏に注意すること

夏場は特に、鉢植えバラの温度には気をつけてあげる必要があります。
容赦のない夏の日差しに長時間あたっていると、
鉢植えの中の温度が50度を超えてしまうこともあるのです。
当然、そのような高温になってしまえば、根が傷み、株がやがて枯れてしまうことでしょう。

というわけで、夏場は特に鉢の温度や日光に、気をつけなければいけないのです。
いくつかの対策をまとめておきます。

育成している鉢の数が少なく移動の手間がかからない場合は、
午前中のゆるやかな日光のときのみ、日差しに当ててあげて、
それ以外のときは、半日陰や軒下などに移動させてあげる。

鉢の移動が手間でない場合は、すごしやすい環境に、
その都度移動させてあげるのが安全ですね。

強すぎる日光の効果を抑制する方法

こちらの対策は、主に強すぎる日差しを抑制することが目的です。
1つは、遮光ネットなどの導入や寄せ鉢などを行い、
鉢植えバラに強すぎる日光がいくことを防ぎます。

または、鉢に下駄を履かせて、コンクリートによる照り返しを防ぎつつ
風通しをよくして、鉢植えバラにいく日光をコントロールする方法があります。

いずれにせよ、夏場はいつも以上にバラの観察をしてあげて、
できるだけすごしやすい環境を整えてあげるとよいですね。