シデコブシの園芸種シデコブシは、園芸種としてたくさん種類があり、市販もされています。
このシデコブシが、実は、
絶滅危惧種として指定されているのを知っていますか。
園芸種として公園やガーデンにたくさんあるシデコブシが、
絶滅危惧種とはどういうことなのでしょう?

自生しているシデコブシが非常に少ない

園芸種として作られた物は市販されていて
たくさんの公園や¥一般家庭の庭にも植えられているのに
絶滅危惧種というのはなんだか不思議な気もしますよね。

実は、自生しているシデコブシが少なくなり、
一部の地域ではすでになくなってしまっています。

シデコブシは日本の固有種なので、
自生している物が無くなるのはやはり悲しいですね。

自生している物は減ってしまっていますが、
園芸種は市販され人気があるので、街のあちこちで見かけます。

丈夫な木なので初心者でも簡単に育てられるので人気がありますよ。

シデコブシはピンク色の花が特徴的ですが、
白い花を咲かせる品種もあり、とても綺麗です。

春を告げる白い花といえばコブシの花ですが、
白いシデコブシで春を感じるのもよいですね。

大きくなりすぎないので、庭木としても人気です。
植えると花と香りで春を実感できるでしょう。