ハクモクレンとコブシ春になると山々に綺麗に咲き始める白い花。
毎年見ると春が来たと実感しますよね。
公園や山に咲いているのを見ている白い花は
なんという花なのか知っていますか?

ハクモクレンとコブシのお話

庭に植えている方であればその花が何の花なのか
もちろんご存知ではあると思いますが、
春になると咲く白い花はコブシやハクモクレンです。

どちらもとても綺麗な花を咲かせますがハクモクレンとコブシは良く似ています。
しかし咲く時期に違いがあるので、見分けるのは難しくはありません。

地域によって違いはありますが、
ハクモクレンは3月の中旬から咲き始めます。

そしてハクモクレンが咲き、1週間から10日後に咲き始めるのがコブシです。
同時期に咲いていてもコブシとハクモクレンは花の大きさが違うのでわかると思いますよ。

ハクモクレンは10センチほどの大きめの花で上向きに咲いています。
それに比べるとコブシの花の大きさは半分ほどです。咲く向きも斜め上、横向きです。

春に白い花が咲いていたら、どちらかなと見てみましょう。