アイビーの育て方-室内アイビーは乾燥にも強く、また日陰でも育つので
室内の観葉植物としても最適です。
また室内でハンギングバスケットを作る際には、
アイビーの蔓が下に垂れるように伸びるので、
ユニークなアレンジが出来ますね。

アイビーを室内で育てて他のすむには?

そこで室内でアイビーを楽しむには、
室内でのアイビーの育て方を抑える必要があります。

日陰でも良く育つアイビーですが、
あまり日光にあたらないと、葉がひ弱になります。
全体的にひ弱になったアイビーには、
元気な時のみずみずしさが感じられません。

日光は毎日でなくても、定期的に必要です。
とはいえ、今まで日光に当たる習慣がなく、
枯れてきたためにいきなり日光にさらすと、
日焼けをして更に弱ってしまうので気をつけます。

そのほかに上げられる
室内での育て方のポイントですが、水遣りの頻度です。

基本的に乾燥には強いので、水をやらずとも育ちます。
しかし、基本的には土が乾燥したら水をやりましょう。

これらの育て方のポイントを抑えることで、
アイビーは室内でも十分元気に育ちます。