お見舞い、お祝いなどで日本で昔から行われる、
『御心贈り』に折り紙の立体的なお花は最適です。

折り紙のお花を立体で作る『御心贈り』

日本には贈り物には金銭より気持ちの問題を、
特に親族には重視する文化があります。

現代でもポピュラーなのは、
折り紙の立体で作った鶴を、
千羽鶴にして贈る習慣がありますよね?

千羽鶴は長期入院や難病の際に、
見舞いの心として贈る物です。

逆にお祝いのプレゼントに喜ばれるのが、
花を立体的に作った折り紙で、
朝顔、桜、菊などがあります。

以下に折り方が紹介されているので、
チェックするのも良いですね。

●http://handmade3.jp/7804.html

朝顔は子供が親や祖父母へのプレゼントに、
桜は好きな相手や友達に、
菊は日頃からの感謝や兄弟へプレゼントするのが、
習慣だったようです。

「肩たたき券」より手間はかかりますが、
きっととても喜んでもらえますよ。