お盆で帰省して、ご先祖様を供養のためにお花を供えますね。
実はいろいろ細かいマナーがあるのをご存知ですか?

お盆のお花をお供えするときのマナーについて

お盆にお花をお供えするのは、
ご先祖様に感謝の気持ちを伝える意味でお供えをします。

菊などを供えるのが普通で、相応しくないお花として
バラや椿などがあるというのはご存知だと思います。

ですが、意外と知られていないのが本数や
どのような形のお花をお供えするのがよいのかということです。

お盆にお供えするお花の本数について

お供えするお花の本数は、3本・5本・7本のいずれかがよいとされています。
これには2つの理由があります。
1つは、日本の古来からの風習として「慶事の際は奇数がよい」とされているからです。
もう1つは、単純にお墓や仏壇にお供えしきれないといった現実的な理由があります。

お盆にお供えするお花の形について

もう1つは、お花をお供えする際の供え方についてです。

これは、榊(神事に用いられる木のこと)のように、
ひし形に整えてお供えするのが望ましいとされています。