ここでは、お花料の不祝儀袋の包み方について説明しています。

お花料の包み方(正式包み)

不祝儀袋には様々な種類があります。
題目がお花代のためのお花料もその1つです。

市販されているものには、正式タイプと略式タイプの2種類があります。
水引が印刷でされているものが略式。
きちんと水引が巻かれていて、外すことができるのが正式タイプです。

今回は、正式タイプでの包み方について説明させていただきます。

不祝儀袋の包み方は、裏面の包み方が問題になります。
お花料を包む場合は、弔事ですね。
ですので、深くお悔やみを申し上げますと挨拶する際にお辞儀をしますので、
下向きに包みます。

封筒の下側を先に畳み、上側を手前に包むのが正式なやり方になります。

合わせて、包む前のお金の入れ方として
お花料の入れ方も必要でしたらご覧下さい。