香典などのお花料を包む際のお金の入れ方について3つポイントがあります。

お花料の入れ方

香典やお花料などを不祝儀袋にお金を入れる場合は、3つポイントがあります。

1つ目は、2枚以上のお札を入れる場合は必ず剥きを揃えること。
お札の向きが不揃いにならないようにキチンと揃えましょう。

2つ目は、お札には表裏がありますが、お花料などとして包む場合は、
お札の裏側(人物が移っていない方)を前にして包みましょう。

3つ目は、新札は使わないことです。
新札を用いない理由は、あらかじめ不幸があることを見越していたという風に考えられるため
新札を用いないのが通例となっています。
どうしても新札しかない場合は、中を2つに折って使用感を出して入れるとよいでしょう。

以上、簡単ですが、お花料の入れ方の3つのポイントでした。
意外と知らない人も多いようですので、ご参考になれば幸いです。