お花代とお花料は似ていますが違うものです。
その違いとはなんでしょうか?

お花代とお花料の違い

お花代というのは葬儀の際に使用されるお花の代金として喪主側に包むお金をさします。
また、葬儀に参列できない際の香典の変わりとしても使われます。

これがお花代の意味です。
お花料というのは2つの使われ方があり、
1つは上記のお花代として、封筒の表書きに記す名称。

もう1つは、キリスト教のプロテスタント式の場合に用いられる
献花代としてのお花料があります。
コチラの場合は、お花料が名目と費用名としても一致しています。

まとめると以下のようになります。

お花代  葬儀の際に飾るお花代を負担する意味。

お花料  上記のお花代を喪主側に包む場合の表書きの名目。
もしくは、キリスト教プロテスタント式の場合の献花代。