法事の際に先方に伺う場合のお花料について簡単に説明します。

法事の時のお花料の目安

法事の際に、お花代として包む金額の目安は、
5,000円」程度で、おおむね問題ありません。

故人との付き合いの程度により金額が変わりますが、
低くて2,000円、節目などの大き目な際でも10,000円でよいでしょう。

封筒は、5,000円未満なら、白無地の小さめな封筒でも問題ありません。
5,000円でしたら、熨斗付きの封筒にしましょう。
表に、「御花代」もしくは「御花料」(お花料)と書いておきましょう。

先方に気を使わせたくない場合は、渡すときに返しは不要ですと告げておくと良いですね。

お寺などで法事をされる場合は、基本的にはお花料で包むのがよいと思われます。、
ご自宅などで法事がなされる場合は、
規模が小さいのでしたら、供物として果物やお菓子などでもよいと思われます。