冠婚葬祭における、仏式・神式・キリスト式など
さまざまな宗派により細かく異なっていてわかりにくいものですね。

お花料(御花料)のキリスト教での意味合いは?

ここでは、お葬式の際に香典、もしくは御花代として包む、お花料について
キリスト教の場合の意味合いなどを説明しています。

キリスト教では、死者に対して、お花をささげる、献花を用います。
本来は、キリスト教には金品渡すというのがないのですが、
日本では、独自に発展した風習でキリスト教の場合も金品を渡す習慣があります。

お花料(御花料)とは、この場合の献花代という名目で包むのが一般的となっています。

細かい差などがわからない場合は、「御霊前」として包むと、
どの宗派でも問題は起こらないといわれています。