お花料というのは意味合いとして2つの使われ方があります。
1つはお葬式などに参列するときに、供花などのお花代として包む使い方。
もう1つは、香典的な意味合いで包む場合に使われます。
ここでは、供花としてのお花代として包む場合ののし袋(熨斗袋)の書き方を説明します。

のし袋の書き方-お花料(供花代)として

最初は、仏式の場合について、説明します。

お花料は、お葬式の際に、祭壇に供えるお花代として包みます。
包む際には、不祝儀袋か白い無地の封筒を用います。
表書きには、【お花代】と書きましょう。

不祝儀袋は、簡素な物から豪華な物まで、
様々な種類がありますが、包む金額に見合った袋を使うようにしましょう。
豪華な不主釘袋を使う場合は、ソレに見合った金額を包まなければ失礼になってしまいます。

また、不祝儀袋に蓮の絵を使うのは、この仏式のみの特徴になります。

次に、神式とキリスト式について解説します。

神式とキリスト式には、香典という概念がないため、
お金を手渡す場合には、【御花料】と書いて、献花代としてお渡しするとよいですね。

非常にややこしいのですが、
仏式と神式、キリスト式はそれぞれ作法が異なりますので、注意が必要です

どうしてもわからない場合は、法要前の場合は、
「ご霊前(御霊前」という名目にすると、どの宗派でも大丈夫です。

心配な場合は、事前に相手方の宗派などを確認して、
それにあった書き方をしらべるとよいでしょう。