シクラメンの正しい育て方で、
咲いたお花が終わった後、
どうすればいいか?を説明しましょう。

シクラメンの育て方『花が終わったら…』

シクラメンの花は、経年で咲く花が減っていきます。
5年目になると、シクラメン自体が枯れてしまう事も、
多いそうです。

シクラメンの花が終わったら、種子が採取できます。

シクラメンは1年草と違い冬を越せますが、
種子を保存して、新しいシクラメンに種分けしましょう。

シクラメンは1つのプランターに複数咲かせる事ができるので、
新しい種を採取した夏終わりに植えて、
『親子咲き』するように育てて生きましょう。

枯れる頃には『お婆ちゃん花』ですから仕方ないとしても、
子供花や孫花が綺麗にプランターを彩ってくれます。

毎年、新しい子供のシクラメンを育ててあげて、
『親子咲き』を維持してあげるのが一番簡単な方法です。