キキョウソウ、ヒナキキョウソウは非常に良く似ています。
キキョウソウに付けられた花言葉が「人当たりのいい」「優しい愛」なのに対して、
ヒナキキョウソウの花言葉は「陽気で明るい」です。

ヒナキキョウソウ 花言葉

非常に似ている二種類ですが、
花言葉のニュアンスはかなり異なったものになっているのが分かるでしょう。

キキョウソウ、ヒナキキョウソウは共に野草なので、
誰かにプレゼントするということはまずありません。

花を贈る時には花言葉は重要な意味を持っている、そう考えている方も多いでしょう。
しかし、ヒナキキョウソウはプレゼント用として使うことは基本的にありませんので、
基本的には知らなくても問題ない知識ではあります。

それでも、話の種としては役立つ可能性も十分にあるでしょう。

由来について、はっきりとは分かりません。

「陽気で明るい」はキキョウソウに付けられていても
おかしくない言葉なのに、どうしてヒナキキョウソウに
それが付けられているのか理由は不明ですが、
道端などで見かけたら「陽気で明るい」の言葉を思い返してみるのも良いでしょう。