閉鎖花という言葉はご存知でしょうか。
あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、
花に関係している言葉です。

キキョウソウ 閉鎖花

花が咲くのは受粉するため、そう理科の授業で
習ったことを思い出す人も多いでしょう。

確かに、基本的には受粉のために花が咲くのですが、
中には開花しない花もあります。

雄しべと雌しべにより実を結ぶという基本的な原理は
同じなのですが、その過程で花を咲かせるか咲かせないかが大きな違いです。
開花しなくても自家受精する花のことを閉鎖花と
呼んでおり、身近なところだとスミレなどが代表例です。

スミレは花が咲きますが、閉鎖花もあります。
キキョウソウもスミレのように閉鎖花と普通の花が
存在しているのが特徴です。

キキョウソウが成長すると、最初に現れるのが閉鎖花です。
複数存在することも珍しくはありません。

そして、その後に紫色の花が咲きます。
キキョウソウの見所は開放花と呼ばれる普通の花の方なのは確かですが、
それ以外にも見所があるのは確かでしょう。