キキョウソウとヒナキキョウソウ、似ている二つの
花について説明させて頂きます。

キキョウソウとヒナキキョウソウ

まず、キキョウソウはダンダンキキョウとも呼ばれており、
五月から六月頃に開花する一年草です。

キキョウ科、キキョウソウ属に属しており、
青色や紫色の花が特徴となっています。
ヒナキキョウソウの方も同じくキキョウ科、
キキョウソウ属に属している花です。

北アメリカ原産の花であり、関東より西の地域で多く生息しています。
こちらも紫色の花が特徴となっています。
道端に生えていることが多い花です。

キキョウソウとヒナキキョウソウは、共に公園や
河川敷などで良く見かけることができるでしょう。

キキョウソウとヒナキキョウソウはパッと見た限りでは
区別が付かないかもしれませんが、
大きさに関してはヒナキキョウソウの方がやや大きめの場合が多めです。

最も異なっている点は花の数となっています。
キキョウソウは何輪も咲くことがありますが、
ヒナキキョウソウは一輪しか咲きませんので、
ここで見分けられるでしょう。