キキョウは、キキョウ科に属している花です。
萩、撫子など共に秋の七草に数えられている、
日本を代表する花となっています。

キキョウ 季節

紫の花をイメージされる方が多いでしょうが、
白い花もあり、その美しさが何よりの魅力です。
秋の七草としての知名度があるからか、
咲く季節は秋というイメージがあるかもしれません。

もちろん、咲く季節は土地によって変わってくることは
ありますが、基本的には夏の季節に咲く花です。
六月から八月頃に花が咲くケースが多めとなっています。
万葉集で登場する朝顔はキキョウのことではないかと
言われており、古い時代から多くの方に親しまれている
花と言っても過言ではありません。

家紋として使われることも多く、歴史の授業では
お馴染みの明智光秀も桔梗紋を使用していました。
日当たりの良いところで咲く花であり、日本の多くや
中国、東シベリアなどに分布しています。
しかし、自生するキキョウは減少傾向にあり、
絶滅危惧種に指定されている花です。