ベゴニアの中で、観賞用、
特に観葉用として多くの品種があるのがレックスベゴニアです。
さらにその中でも、見た目のインパクトが大きく、
特徴的なのがレックスベゴニアエスカルゴです。

レックスベゴニアエスカルゴ

レックスベゴニアエスカルゴは、
インドのアッサム地方を原産とする品種で、
葉には大きな渦巻き状の模様が非常に目立っています。

その渦巻き模様を最初に見ると、カタツムリの形に
見えることから「エスカルゴ」という流通名が付けられたようです。

エスカルゴの葉はツヤがあり光っているだけでなく、
よく見ると葉の表面には赤い産毛も生えています。

ネットや園芸店で販売されているエスカルゴは、
たいてい鉢植えの状態になっているのですが、
その鉢の中にぎっしりと葉が「詰まっている」ものが多いのも、
レックスベゴニアエスカルゴならではの特徴です。

そんな特徴があるだけに、見た目の質感は数ある
レックスベゴニアの品種の中でも群を抜いています。

これぞまさに「葉の観賞用」と言えるベゴニアです。