レックスベゴニアは、ベゴニアの中でもとりわけ
葉が美しい品種が数多くあることから、観葉用として人気が特に高いものになっています。
そんな中でも、際立っているのが「ブラックマンボ」と呼ばれる品種でしょう。

レックスベゴニア ブラックマンボ

「ブラックマンボ」はその名の通り、黒系の葉を持ったレックスベゴニアです。

その葉の見た目からはビロードのような質感が溢れ、
葉そのものも渦巻き状になっている為、
大いに目を惹きつけるレックスベゴニアと言えるでしょう。

葉の渦巻きの方向は葉によってバラバラなのですが、伸びる方向は下になっています。
ただし、無限に伸びていくというわけではなく、
鉢の大きさに合わせるかのように、土に接地するとそのまま土に還っていくようです。
これも、ブラックマンボの特徴ではないでしょうか。

また、黒系の葉をめくってみると、実は葉裏の色が赤であることがわかります。
基本的にベゴニアは、葉の表を観賞するものですので、
あまり葉裏を気にすることはないのですが、
実際に葉裏がこうした赤系、それもかなり濃い赤であることも
観賞として楽しむ要因になると思います。