レックスベゴニアは、これまで様々な交配が施され、数多くの品種が生み出されてきました。
いずれも「観葉用」として開発・栽培されてきたのですが、
その中でも上品な雰囲気に溢れたものとして人気を
得ているのが「レックスベゴニアビリーブ」なのです。

レックスベゴニアビリーブ

「レックスベゴニアビリーブ」は、ベゴニアの栽培や
育成で有名なオランダのコッペ社が開発した品種です。

もちろん観葉タイプのベゴニアで、洗練された雰囲気が特徴的です。
そのコレクションには個性的な色が揃っていて、
どのようなシチュエーションにも対応しうるほどに豊富な品種があります。

「レックスベゴニアビリーブ」の品種は以下の7つ。

「インカフレーム」「インカナイト」「ユーコンフロスト」
「ノルディックグレイシャー」「イブニンググロー」
「モーニングデュー」「アフリカンジャングル」と各々に名前が付けられています。

いずれも個性的なのはもちろんのこと、丈夫な性質で
流通過程での傷みも少なく、病気にも強いというユーザーには有難い特徴を持っています。