レックスベゴニアは、多くの種類があるベゴニアの
中にあって、特徴的な葉を観賞するものとして人気を集めています。
いわゆる「観葉」というジャンルになるのですが、
もちろん花も咲かせるのがレックスベゴニアなのです。

レックスベゴニアの花

レックスベゴニアの花は、6月から10月にかけて開花し、
ちょっと歪んだハート型の花が咲きます。

この時、葉は緑や紅色、銀白色などのエキゾチックな
模様を持ったものになっているのですが、それらの
葉の間から伸びた花茎の先端に、淡いピンク色の控えめな花が咲くのです。

これがまさに、レックスベゴニアならではの花の特徴だと言えるでしょう。
メインの楽しみ方は葉の観賞になるのですが、
こうした控えめな花を楽しんでみることも、ぜひオススメしたいポイントです。

ちなみにレックスベゴニアの花言葉には「片思い」や
「愛の告白」「親切」「幸福」といったものがあります。

中でも「片思い」という言葉は、レックスベゴニアの
花の形が左右対称ではなく少し歪んでいるところから名付けられたようです。