今やベゴニアには非常に多くの種類がありますが、
その中で花よりもむしろ葉を楽しむ
「観葉」ベゴニアとして人気になっているのが、レックスベゴニアです。

レックスベゴニア 増やし方

これは、地面に接した箇所から根を伸ばして茎が
成長していくベゴニアの中でも特に葉が美しいとされているものです。

直射日光を嫌い過湿に弱いという面を持っている
レックスベゴニアですが、数あるベゴニアの中では
比較的栽培のしやすい品種だと思います。

そんなレックスベゴニアの増やし方としては、
「株分け」と「葉挿し」という2つがあります。

「株分け」は根茎が鉢からはみ出して、見た目の姿の
バランスが悪くなった時に行います。
鉢から株を抜いて古い土を半分ほど落としてから株を分けるようにしましょう。
また、分けた株を植える際には芽先が鉢の中央部にくるように植えてください。

「葉挿し」による増やし方は、株をたくさん増やしたい場合に適した方法とされています。
1枚の葉を葉脈に沿っていくつかに分け、土を3㎝ほどの
深さに入れた鉢に挿していくようにしてください。

いずれの増やし方も、5~6月もしくは9月に行うと良いでしょう。