球根ベゴニアは、環境の変化には弱い植物です。
例えば夏の暑い季節などに気温が30度を超えると、成長が止まってしまうのです。
同様に、冬も球根ベゴニアにとっては難しい季節です。
そこで、ここでは球根ベゴニアを越冬させる為の方法を考えていきましょう。

球根ベゴニア 越冬

まず、冬は水の蒸発量が減るので球根ベゴニアの吸水力も弱くなります。
したがって、水やりは控えめにする方が良いでしょう。

土がカラカラに乾いた数日後に水をやる程度で充分です。
これ以上になると、根が腐ってしまいます。

また、温度を5度以下にはしないように注意しましょう。
霜に当たると枯れてしまいますので、やはり室内での管理が良いと思います。

一方、同じ越冬の方法として「休眠処理」をするという方法もあります。
冬が近づき日が短くなると、球根ベゴニアの球根が
肥大化し、その上部が自然に取れるようになります。

その上部が枯れたら、そのまま鉢を低温の場所に移動させるのです。
ただしその際は、土が凍らない程度の低温な場所を選ぶようにしてください。
そして、そのまま水やりをせずに「眠らせる」のです。

いずれにしても、球根ベゴニアを越冬させるには
細心の注意が必要なのです。