クルメツツジの剪定クルメツツジは生垣として庭に植えられることも多いです。
害虫や病気にも強く、とても育てやすい品種なのがクルメツツジですが
やはり、ある程度伸びてしまった枝なのは剪定したほうが良いでしょう。
それでは、簡単なクルメツツジの剪定方法を解説します。

初心者でも簡単にできるクルメツツジの剪定方法

伸びすぎた枝や、重なり合ってしまった枝は、
剪定してしまったほうが、見栄え的にもツツジの健康的にもよいです。

剪定方法はあまり難しい事はありません。
クルメツツジは剪定にも強いのであまり細かい事を
気にせず伸びすぎた枝を切っていくだけでも十分です。

ちなみに、大きくクルメツツジを育てたいのであれば
特別切らなくても問題ないと思います。

クルメツツジを剪定するタイミング

剪定をする場合、気を付けたいのはタイミングです。
花に影響が出ないようにしたいのであれば花後に刈り込みましょう。
全体を刈り込んで問題ありません。

しっかりと翌年に花を咲かせたいのであれば
思い切って刈り込むのがおすすめです。
脇芽が増えるのでたくさんの花を咲かせますよ。

毎年花の咲き具合にムラがあるようであれば
一度思い切って剪定してみるのが良いと思います。